【ナンバMG5】あらすじ・キャスト・原作は漫画?間宮祥太朗主演の≪脱≫ヤンキー春ドラマ

ナンバMG5

2022年4月から始まる春ドラマに『ナンバMG5』の放送が決定しました。

主演を務めるのは間宮祥太朗さんです。

この記事を読むと分かる事
  • ナンバMG5のドラマ・キャスト情報
  • ナンバMG5のあらすじ
  • ナンバMG5原作について
悩める女性
悩める女性

ヤンキー漫画が原作なんでしょ?面白いの?

あや
あや

確かに題材はそうだけど「喧嘩にバトル」のいわゆるヤンキーものじゃなくて《脱》ヤンキーがテーマだよ!

今回は春ドラマの『ナンバMG5』のあらすじ・キャスト・原作漫画について解説します。

ナンバMG5のドラマ情報

ドラマ『ナンバMG5』の放送日時・放送開始日・出演者情報は下記の通りです。

『ナンバMG5』の放送日時

毎週(水)22:00-22:54放送

『ナンバMG5』の放送開始日

フジテレビにて2022年4月から放送予定

『ナンバMG5』の出演者

難破 剛(なんば つよし)役…間宮祥太朗

その他出演者情報は決定次第追記します。

ナンバMG5のあらすじ

ドラマ化される『ナンバMG5』はいわゆるヤンキー漫画ですが、喧嘩ばかりのお話ではありません。

ナンバMG5ってどんな話?

主人公の難破 剛(なんば つよし)は筋金入りのヤンキー一家の次男として生まれ中学3年生までは喧嘩に明け暮れますが、高校生になり《逆》高校デビューを果たします。

「普通の高校生になりたい」「ヤンキーをやめたい」と思う彼は家族に内緒で真面目で健全な高校生活を送る為、白百合高校に入学します。

家族には白百合高校に隣接する市松高校(ヤンキー校)に通っている事にして誤魔化しながら、家ではヤンキーとして振る舞い、学校では《脱》ヤンキー憧れていた普通の青春を謳歌する二重生活が始まります。

ナンバMG5の見どころは?

家族にも友人にも嘘をついて送る二重生活、自分の青春を守るためにもバレる訳にはいかない…そう決意していましたがある事がきっかけで正体不明の「特服(とっぷく)の男」とヤンキー界で恐れられる事になるのです。

それは、高校初めての友人をいじめから助けるため。

正体を隠すため「学生服⇔特服(とっぷく)」に着替えて剛は友人を助けます。

難破 剛はヤンキー一家に育て上げられただけあって《逆》高校デビューをして真面目な優等生に扮しても「制服⇔特攻服」に着替えると滅茶苦茶強いんですよね。

あや
あや

カツアゲされている人や困っている人を放って置けず度々、特攻服に着替えて助ける剛のお人よしな性格が好きです。

ナンバMG5の原作は漫画

ドラマ化される『ナンバMG5』の原作は漫画で2005年-2008年に「週刊少年チャンピオン」で連載されていました。

原作者は小沢としおさん。『ナンバMG5』は全18巻で完結。

続編となる『ナンバデッドエンド』は2008年-2011年まで連載されていた作品で、こちらは全15巻で完結しています。

『ナンバMG5』と『ナンバデッドエンド』の違いは?

『ナンバMG5』は高校入学から高2の夏の終わりまでが画かれており、『ナンバデッドエンド』では第1話で高2の2学期、第2話で高3の新学期からスタートしています。

あや
あや

『ナンバデッドエンド』の方が少し重い内容なのと、『ナンバMG5』の続きになるので先に『ナンバMG5』から読みましょう!

漫画ナンバMG5をお得に読むには?

ドラマ『ナンバMG5』の原作漫画を無料で読む方法を調べたところ、完全無料で読めるサイトはありませんでした。

少しでも安く済ませる方法はないか比較した所、まんが王国が電子書籍サービスや漫画アプリの中でポイント還元率が高く、1番安く購入でき特典も充実していました!

『ナンバMG5』以外にも、2022年にドラマ化された『ミステリと言う勿れ』など人気作品も1巻全て無料で読めたり、無料会員をするだけで3巻までじっくり試し読みもできましたよ♪(※期間限定です)

\一番安くお得に読むならココ/

スポンサーリンク

【ナンバMG5】あらすじ・キャスト主演は間宮祥太朗で原作は漫画は完結済み

今回は2022年春ドラマ『ナンバMG5』のあらすじ・キャスト・原作漫画について紹介しました。

『ナンバMG5』はアニメ化などもされたことがなく、ドラマが初の映像化作品となります。

主演を務める間宮祥太朗さんは1993年生まれで28歳(2022年1月現在)ですが、『ナンバMG5』で演じる主人公 難破 剛は高校1年生の15歳の役なので、どの様に演じられるのかとても楽しみですね♪

また難破一家やヒロインとなる藤田 深雪(ふじた みゆき)のキャスティングにも注目していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました